生きている間にできる相続対策は

生きている間にできる相続対策は

相続にまつわるトラブルは、誰にでも訪れる可能性があります。
日頃は良好な関係を保っていても、財産が絡んだ途端に人間関係がうまくいかなったというのはよく聞く話です。

せっかく家族のために財産を残していても、それが原因で家族関係にひびが入ってしまったのでは意味がありません。

そこで重要なのは相続対策になります。
生前にできる有効な相続対策、それが遺言です。

遺言は相続に関する自分の意思を反映できるうえ、法的な効力をもつものですので相続対策として非常に力を発揮します。

ですからスムーズに相続をおこないたいのであれば、遺言書を作成して残しておくのが最適なのです。

しかし遺言書が法的な効力を持つためには、一定の様式を満たしておく必要があります。


様式を満たしていない遺言は法律的に無効となりますので、いくら本人が作成したものでもその通りに相続をおこなうことはできません。


したがって遺言書を作成する際は、法律の専門家に相談しておこなうことが大切になります。


もちろん自分できちんと調べて、法的な効力を持つ遺言書を作る自信がある人はかまいませんが、法律の知識に乏しい人は専門家に任せておいたほうが無難です。

また遺言書には自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言と3種類あり、それぞれに特徴があります。

専門家に相談すれば、自分が思い描く相続を実現するためにはどの遺言書のタイプが有効なのかどうかもわかりますので、まずは気軽に話を聞いてもらいましょう。

相続というものは、被相続人の死亡により初めて発生するものです。
ですから通常は相続発生後に相続対策をとることになりますが、『生前に行う相続対策』もあります。

ひとつの例としては『生前贈与』という方法があります。

遺言することに抵抗がある人、あるいは相続開始後の相続人間のトラブルを回避したいという場合には生前贈与は有効な手段です。

なによりも、『思い立ったときにいつでも資産を子供や配偶者に贈ることができる』ことができます。

『贈与となると相続税ではなく贈与税がかかるのでは』といった心配が出てくるかもしれませんが、これにも有効な方法があります。

普通、贈与税は相続税よりもかかりますが、『相続時精算課税制度』とよばれる制度です。
この『相続時精算課税制度』を選択すると、2500万円までは贈与税を支払うことはありませんし、2500万円を超えた部分については一律20%の贈与税を納めることになりますが、相続発生時に、その贈与価格を相続財産に加算して相続税を計算することになります。

『相続時精算課税制度』の適用要件は『65歳以上の親から20歳以上の子(養子、代襲相続人を含む)への贈与』でありますので、年齢条件さえ満たせば、誰でも利用できます(配偶者に対しては『居住用不動産の配偶者控除』という制度があります)。
この『相続時精算課税制度』や、遺言等を上手く活用して、生前の段階で相続対策をとっていく、これは遺される人達のことを考えると必要なことです。

人が亡くなると必ずやってくるのが相続です。
その時に遺産の相続を巡ってトラブルにならない為はもちろん、子供たちが出来るだけ面倒なく手続きが出来るようにする為にも今から相続対策が必要です。

まず、トラブルの原因で多いのは分割についての不満です。


もし親が子供のうちの一人に特別世話になったという状況であれば、単純に分けるという相続では不公平だと思われても仕方ありません。


他にも、子供への援助が偏っていたりするとやはり同じように不公平感から争いになってしまう場合もあります。

このような争いを防ぐためにはどのような相続対策が必要でしょう。

親はある年金をもらう頃など、ある程度の年代になりましたら、どのように子供に財産を相続するかを具体的に考えておく必要があります。

まず自分の資産がどのような形でどのくらいあるのか、負債を含めてきちんと把握する必要があります。


年に一度は預貯金やその他の金融資産をきちんとまとめて形にしておきましょう。

住宅など不動産も把握しておきましょう。

固定資産税の納入通知などをまとめておくのもお勧めです。



そして、誰にどのくらい、何を相続させたいのかを考えましょう。

遺留分 についての情報をお探しの方は必見です。

特別に相続を多くする理由があるのならその理由をまとめて、出来れば相続をする子供全員とあらかじめ話せるとトラブルは少ないでしょう。
また、そうやって話し合うことで、例えば不動産を相続したいあるいはしたくない等、子供の意向も聞けるメリットもあります。出来れば話し合いの結果を遺言という形にすれば相続はよりスムーズにいくでしょう。
お互いに詳らかに話し合うこと、これが相続対策となるのです。


2015年より相続税と贈与税の改正が実行されました。

この改正で相続税は世界一高くなり、課税対象も拡大されたことから、大きな話題となりました。一方贈与税は、祖父母が孫に送る教育資金や親や祖父母から住宅購入資金を受け取った場合の贈与の非課税枠を拡充するなど、生前贈与が活用しやすくなりました。

今後、相続対策はますます重要な家族の問題として取り上げられることでしょう。

常日頃から意識し、対策を立てることも必要になりつつあります。

そこで中長期的な相続対策の一つとして、ここでは法人の設立を取り上げます。

まず「法人設立は難しいのでは」と思われたことでしょう。
確かに株式会社になると設立までの費用や時間はかかってきます。


ですが、合同会社なら1週間から2週間くらいで設立は可能です。

費用も株式会社設立よりも3分の1程度で済みます。また「起業する気もないのに、法人を設立する意味がないのでは」と思われた方もいることでしょう。


では起業とは捉えずに資産運用と考えた場合はいかがでしょう。


会社の設立目的を「賃貸アパート、マンションの運営」と定め、不動産経営を行う。


これは立派な事業です。
このように、財産を資本金として会社に出資し、不動産や事業に出資をしオーナーになる。


税制面でも法人は優遇されており、例えば決算で赤字なら青色申告の場合、9年間は赤字の繰り越しが適用されます。もちろん必要経費は全額費用として落とせます。

順調に経営がまわり、子に跡を継がせる時が来たら、会社の代表を変えるだけで相続対策は完了です。
資産運用、事業投資という側面が含まれますが、リスクを取れる方は検討してみてはいかがでしょう。

本当に役に立つ遺産相続情報があれば全てが解決します。

実際に法人設立を行う場合は、書籍、インターネットでの情報収集や行政書士への相談をしてください。
また法人における具体的な税制については必ず税理士の方にご相談をお願いします。相続対策は、富裕層の死活問題です。そのためにも、あの手この手の対策が編み出されています。毎年のように生前贈与を行うことで、相続税を減らすという手法があります。

例えば何も生前贈与しない場合と、毎年贈与の非課税枠の限度額を子どもや孫に贈与した場合、払う税金の額は、相続財産が2億円なら10年間で1000万円違う場合があります。


相続対策として今から生前贈与するのも手として有効です。

最近話題になっているのは、教育資金の贈与です。
教育資金として、孫や子どもに1人あたり1500万円まで贈与したとしても非課税になります。贈与された教育資金を、金融機関において孫や子どもの名義の口座などで管理し、この資金が教育費にちゃんと使われることを金融機関側が領収書などで確認し、保存します。
口座については、子どもや孫が30歳に達するまで有効で、口座に使い残しがあるときにはその残った分に贈与税が発生し、課税されます。

相続対策として、次の世代に財産を残す場合、長期的な計画を立てて、財産を前もって生前贈与してしまうのが大切です。


マンションなどを贈与する場合でも、相続税評価額が低い時に、のちに値上がりしそうなものを残しておくことも相続対策として有力でしょう。

相続税の強化は今後も続きます。

今のうちから相続対策について考えておきましょう。

Copyright (C) 2016 生きている間にできる相続対策は All Rights Reserved.